経営体制を刷新しました!

 当社では、このほど株主総会を開催し、役員の選任を行いました。経営体制が変わり新たに畑田氏が当社役員に加わりました。

 事業部の体制変更(業務ソリューション→ヘルス&メディテック)に加えて、経営体制も一新することで事業体制の変革もより推進してまいります。当社では「ソフトウェアで社会を変える」「ITをライフワークにする」の言葉通り受託ソフトウェア開発を中心に発展してまいりました。
 しかし、その形も日々、適者生存に向けて形を変えています。
 製造を請け負う開発会社から、システム全体を構築するSIerへ。そしてサービス全体を開発運用支援するワンストップサービスへ。現在では自社での直接サービス開発・運用や顧客との共同サービス開発運用にも力をいれています。

 現場も大きく変わりました。これまで金融機関などに直接お取引をいただきながらも常駐での開発も対応させて頂いてまいりました。
 1昨年に、特定派遣免許を返上したこともあり常駐での開発は徐々に縮小し、現在ではラボ型開発と言われる持ち帰りでの開発とさせて頂いております。
※運用支援や要件詰めなど適宜、必要な際には伺っての対応もしております。

 さらに、従来のICタイムリコーダーや、観光予報にはじまるビックデータやAIを活用したサービス運用。昨年のAPNパートナーにはじまるクラウド化コンサルティングなどより直接的なサービス・ビジネスの展開を手掛けています。

 今回の畑田氏の役員就任では、そうした当社の変化を支え推進していただくために就任いただきました。
・新サービスの開発・開拓への推進
・プロジェクトマネジメントの質の向上
といった役割を期待されての就任となります。

 17期にはいりさらなる変化を毎年続ける当社をぜひ、ご支援・ご指導頂ければ幸いです。

 写真は当社では公式?(というか社員の半数以上が参加する勉強会)が概ね月一回開かれています。ここ3-4回の内容はAI、フレームワーク解説、AWSの上級編・・・などが開催されました。勉強会のネタは、プログラミング系だけではなく、サービスやビジネスまで多岐にわたります。
 教える側のスキルアップにもなるこうした取り組み。結果として講演やセミナーの受注にもつながっています。

写真もう一枚は当社歓迎会の風景です。試用期間に事業部を複数経験しますので何度も歓迎されます(笑)

ヘルス・メディテック事業部始動とお花見歓迎会を開催!

 当社もお陰様で無事16期を終え、17期へと入りました。29で起業して以来、17年以上、ここまで事業が継続・発展し続けられたのは一重に、従業員の努力。そして、その結果頂いた取引先様、サービス利用者様からのご評価・ご支援のたまものです。
 随分ブログの更新が開いてしまいましたが、発信自体は日々公式ツイッター(+佐藤アカウント)と公式FBで行っておりますのでそちらもご覧ください。

 今期からは事業部の体制が刷新され、ITエンジニアリング、観光ビックデータ、ICタイムリコーダー、業務ソリューションの4事業部体制から業務ソリューションのドメインを特化し「ヘルス・メディテック事業部」とさせて頂きました。
 当社のクライアント層はエンターテイメントから金融機関・政府機関まで様々です。が実際には機能性や品質を重要視するご提案を中心にプロジェクトに取り組まさせて頂いております。その結果、価格より機能性や品質を重視されるクライアント様とのお付き合いが長く・深くなる傾向が強くなっています。
 その為、「業務ソリューション」の中でも特に顧客層の多くを占めていた「ヘルス・メディカル」など医療や健康保険など医療周辺サービスに特化した事業部再編を行った次第です。
 当社のこれまでのプレスやホームページでの打ち出しから「金融」に特化されているとご評価いただくシーンも多い次第ですが、近年の新しいお取引先の傾向としては官公庁の関連事業や前述の医療関連が多くなっております。

 こうした背景を踏まえて17期からの事業部再編をさせていただきました。
・ICタイムリコーダー事業部・・・クラウド型勤怠サービスICタイムレコーダー
・ITエンジニアリング事業部・・・決済など金融関連などミッションクリティカル性の高いシステムのシステムインテグレーター部門
・観光ビックデータ事業部・・・ビックデータ解析や解析に基づいた機械学習を取り込んでAIシステムなどの提案型、受託部門
・ヘルス・メディテック事業部・・・医療(特にIOTや治験)や健康保険関連など健康・医療関連のシステムインテグレーター部門
 これら4事業分野でのますますの取り組みをお約束させていただきます。

写真は、お花見と、当社社内勉強会の様子です。
 お花見は当社の所在地柄、毎年上野公園で開催しています。
 今年は見事満開でした!
 勉強会は、普段は社員同士で行いますが、昨年のamazon様に続いて今年はエスプリータ様に開催頂きました!

エスプリータ畑田氏セミナー

LastYearPaty2018@サンシャイン水族館

 当社では毎年、忘年会を新国立美術館や国立近代美術館(2017年)そして今年のサンシャイン水族館2018年)のように、ちょっと変わった場所でしています。

 子育て中の社員も多いことから「会社で飲み会三昧!」というわけではなく、年に数度のイベントに力を入れる形でしています。

 場所が水族館ということもあり「家族同伴もOK」にしています。
 社員(社員家族)、協力会社様、クライアント様といっしょに2018年を振り返り2019年につなげる会としました。
 準備に尽力いただいた、幹事の社員にまず感謝です。
 またご参加いただいた多くの皆様ありがとうございました。

 今年の当社の振り返りは創業以来の、最大の請負事案の納品を終えたことが一番でしょうか。納品検収を終えたとはいえ、開発に当たっては納期を押すことになっていまい、御客様にも、現場にも負担が発生したことは、今後の会社、SIベンダーとしての能力向上に、まだまだ大きな課題があるなあと感じた次第です。

 他に大きなトピックとしては社内副業もかねて当社から商業出版をすることが出来ました。見積はいわば、プロジェクト計画そのものです。15年以上のシステム開発のエッセンスと「いまどきの開発」を融合した本書をぜひご参考ください。
 (今のところ)ネットでのレビューも高評価を頂いております!(★4~5)

 2018年は就業規則も大きく変えて、在宅勤務や介護休暇などを充実させました。いずれも社員の利用実績も積み上がり「よりよく働ける仕組み」はさらなる今後のテーマとしていきます。
 特に在宅+介護を行う社員がこの制度を利用していただいたことで「これからの日本社会全体のテーマ」として当社も取り組みを始められました。

 ちなみに、2月に2018年の振り返りというのはホームページ更改を行っており、更新を止めておりました!

 今後はさらに、発信を充実させていきます!

当社ではIT執筆者を目指すこともできます! 翔泳社様より新刊発売しました!

今回、社内公募で共著プロジェクトをしました!
第一号として既に書店に並んでいます。
システム開発のための見積りのすべてがわかる本
執筆には大きなメリットが二つあります。
一つ目は、何より自分自身の知識・知見の整理と専門性の深化です。
むろん、自分の経験、知識、知見を多くの方に使ってもらうために、著作料を頂いて執筆するのがことが大前提です。
が、実際に執筆すると何より、周辺知識や、あいまいだったりすることも調べまくることになります。「業界の定説」的に言われていることを数字的に裏付けようと統計を調べていくうちに新たな発見がある・・・なんてこともよくあります。
私も何度も執筆していますが、むしろ書くたびに自分の中で新たな発見があり
詳しいつもりで書いているけどまだまだだなああと思うことがしばしばです。
もう一つはITエンジニアにとっての自分のスキル上の付加価値にもなると思います。

職務経歴書の行数が数行多いより、はるかに大きな武器となって自身のキャリアの選択肢を広げていくのではないでしょうか。
当社では、そうした「普通の開発会社」ではない商業誌執筆の執筆者になれる機会もあります。技術だけではなく、直請けでのビジネスマンやPM、コンサルティングとしての成長の機会に限らず、さらに執筆というなかなか自力で機会を勝ち取るのが難しいスキルマップも用意しました。
なお、当社では執筆分は、任意の公募プロジェクトですので社内副業として給与とは別に原稿料が支払われています。自社で副業も可能!
興味ある方はぜひ、御応募おまちしています
写真は書店に並んでいる風景(書泉タワー様)

社内勉強会の風景です。
今回はAWS認定試験の勉強会!当社はAWSの公式パートナー認定を受けています。

null
null

沢山の大学生に御来社頂きました!

 大学生の皆さんにご来社頂いての社会科見学会?をさせていただきました!
今回はヌーラボさんとの共同開催です。当社ではこれまで新卒採用をしておりませんので、学生さんに触れる機会が非常にに少ない次第です。
 このような機会は社員一同にとっても良い刺激を受ける機会となりました。
 千葉経済大学短期大学部の皆様には、今回IT業界のご紹介と、弊社のご紹介。その上で、5月に行ってきたシリコンバレーの説明をさせていただきました。
 皆さん熱心に聞き入っていただき、コンテンツを作った甲斐がありました。
ただし、今回は全員女性でしたので、IT業界の云々はそれほど実感がなかったかもしれません。
googleやFaceBookのHQ(本社)の様子や、サンフランシスコの街中の様子などに特に興味を持っていただけたようです。
 振り返ればもう20年以上前に卒業した大学ですが、29で独立し。はや経営を15年以上。自分のこれまでの体験が学生さんに伝えて生きるかは全く分かりません(笑)
 さにありながら、こういう会社がって、こんな取り組みをしている人たちがいるんだなあと参考にでもなれればと思いました。
 社員の側にもこうした、自分たちのしている事を学生さんに伝える機会などを通してプレゼンテーション等のいい経験になっていくかもしれません。
 当社も未経験者の採用には取り組んできましたが、これを機に、新卒採用もいつか取り組むかも知れません。
 会社としても業界としても後進の育成には取り組んでいきたいですね。同時にソフトウェアという特性上、これまでの価値観に縛られない創造性やアイディアを生かす余地も大きいのでどんどん、20代前半、半ばの方にも活躍していただければと思います。
nullnull

評価制度改革 進行中 並びにHR人材も募集してます!

 昨年から取り組んでいる労務制度改革!フレックス制や在宅勤務制度の利用者が増えてきて介護や、子供の送り迎えなど色々な個人の事情、ライフスタイルに合わせて柔軟な勤務ができる制度が「ある程度」浸透してきました。
 「ある程度」というのは、こういう「自由さ柔軟さ」を志向する政策をとっても、一定数の方は定時に来て定時に帰りたいようですね。制度開始した瞬間に「コアタイム(10:30〜15:00)しか人がいなくなるんじゃ。。。」と思ったのですが杞憂でした。
 仕事のやりやすさ、効率の良さは人それぞれの考え方や行動様式にも根差しているのでむろん定時に来て定時に帰るのが最も効率的な働き方と考える方にはそれはそれでいいと思います。
 あと念のためにお伝えしますが当社は自社でクラウドサービスもしており、サポート部隊などはサポート時間中はチームとしては誰かは対応しなければいけないのは事実です。
 それでも、何か通院とか用事がある際にはやはりフレックス制度などは便利なようなので施行したこと自体は、まずは良かったのかなと考えています。
 次は評価制度改革を予定しています。テーマは「人を褒めるための評価制度」です!現在こうした制度改革に経験(もしくは興味)あるHR担当人材も併せて募集しております!ぜひホームページからご応募ください。
採用ページ
 早速、制度改革の社員公聴会も開かれました!
 さて、当社はJISA(情報産業協会)に加盟していますがJISAでシリコンバレー研修がありましたので参加してまいりました!
 社長自らが行ったのは、会社としての海外研修制度の構築を検討中という次第です。
これから入社される方は、シリコンバレー研修が待っている・・・かも(笑)
※すみません。実際は制度自体単なる検討中ですし、施行されても既存社員から行くと思います><
 写真はそのシリコンバレー研修で伺ったgoogle本社!面白いですね。Appleやインテルの本社も見学しましたが、あちらが巨大ビルに社員が集まる形式です。対してgoogleは小さめのカラフルなビルがものすごく敷地内にあり、その間をgoogleチャリが行き来しています。こうした「会社のつくり」にもカラフル(ダイバーシティ)さが出ているのかなと思いました。
null
null

「人を管理するな。仕事を管理しろ。」を合言葉に当社では働き方改革2018を実施いたしました。

当社ではプレスリリースの通り2018年3月より正式にコアタイムフレックス制と在宅勤務制度を開始いたしました。(なお従来より副業は可となっております。)
当社では働き方改革にあたって”「人を管理する」から「仕事を管理する」へ”を合言葉に制度設計をしておりエンジニアだけではなく管理部門や顧客接点部門もこうした制度が活用できるように制度設計をしております。
単に就業規則を変更するのではなく、社内のワークフローを全面的にクラウドサービスに移行しました。
勤怠管理や有給の申請は当社クラウドサービスのICタイムリコーダーを使用しております。
管理部門にありがちな社内ファイルサーバーもWebDavサーバーなどへと移行を重ねました。
タスク管理やプロジェクト管理にはBackLogを採用しました。システム開発プロジェクトではチーム内だけではなく、クライアントとも課題共有を同ツール内で行うことで顧客との課題管理も本社に居なくてもできるようになりました。
コンタクトセンターにはBIZTELを採用。全国どこからでも対応可能なIP電話により営業部門やサポートセンターも在宅でもシームレスに対応可能としました。
開発環境はすべてクラウド(主ににAWS)上に移行し、リソース管理のgithub、リリースはDocker、JenkinsなどのCIツールを組み合わせて在宅からでもストレスなくチーム開発を可能としました。
さて、当社は15期は無事収益目標を達し、新たに16期に向けてお花見大会を開催いたしました。
お花見の席では収益目標達成を祝いドンペリにて全員で乾杯です。
写真はお花見の姿と、お花見の前に社員が行ったブロックチェーン技術の勉強会の風景です。
null
null

AIを使ってビックデータの解析結果を音声で提供します!

当社のAIへの取り組みが一つ形になりました!
観光予報 for Alexa が正式リリースされました!
なんと音声でインバウンドの宿泊予報を聞くことができます。
※予報自体は国内大手複数社の旅行代理店の数億件に上るビックデータを集約し解析した結果から生み出しています。
まだ、大きなインパクトを社会に与えるような取り組みではありませんが、AI(Alexa)とビックデータを組み合わせたソリューションを世の中に送り出すことが出来ました。
社内でAlexa研修をしてからわずか2か月で企画から、リリースまでやり通した次第です。
しかも全く新しいアーキテクチャで。凄いと思っていただける方や自分でも新しいアイディアを新しいアーキテクチャで形にしたいと思っている方はぜひご応募ください。
今年から去年までの時差出勤制度をさらに進化させて正式にフレックス制度へと移行しています。
さらなるやりがい・面白さ・働きやすさを求めて当社は変わり続けます!
下記よりデモもご覧ください!
AIで観光予報 for Alexa

ビックデータの第15期を終えてAIの16期へ!

alexaハンズオンセミナーの開催しました!
今年の新たな取り組みにAIを挙げている当社!
早速AIスピーカーによるスキル開発に乗り出しました。
1月のイベントは本社をジャックし、全社員でハンズオンセミナー!
なんと営業はもちろん、経理や人事まで(笑)
今年は会社として、どんどん新しいスキルを発表していきます!
 当社の主力事業としては、受託開発を中心としたSIerとしての役割が多くを占めます
 同時に、当社は「人の数に頼らないITサービスベンダー」の姿を追求することを事業目標の一つに掲げています。
 SESやSIには直接的に社会に大きく貢献できる強みがあります。
 例えば、いくら当社にネットバンキングのサービス開発ノウハウがあっても実際に銀行を経営することは別の問題であり、当社の使命とは考えていません。
 そこで、既存の銀行様にITエンジニアリングの形で技術やノウハウを提供することで大きく社会に貢献することに取り組めているわけです。
 銀行や、医療機関、医療関連企業や政府機関様などの多くの事業者様に当社のITエンジニアリングサービスを提供していくことには、引き続き取り組んでいます。
 ところが、どうしても受託開発事業には「リソースの規模」の問題がつきまといます。言い換えれば、エンジニアの数が事業の発展性と連動し続けます。
 結果、エンジニアの待遇改善はもちろん、研究開発や新サービスの立ち上げを行うような事業体力を持つために「ITベンダー」はとにかく沢山のエンジニアを抱え「単価と人数で勝負する」羽目に陥っています。
 そこで当社は「人の数に頼らないITサービスベンダー」の姿を希求しています。
 受託させていただいた、プロジェクトに関しては顧客の為にも最小チームで最速のアウトプットを目指します。
 その一つの取り組みがITエンジニアリングを通して得たノウハウや技術を用いて自社サービスを開発・運用することです。
 正直、受託系の50名以下の会社で、ここまで本格的に自社サービスに乗り出している会社は、多くはないと思います。
 こうして、ICタイムリコーダーや観光ビックデータ事業部が生まれました。
 どの事業も、おかげさまで多くの利用者の支持を得て大きく発展することができました。
 こうした背景の上で2018年16期は、AIを取り巻く様々なサービスを提供していく予定です。
乞う、ご期待ください!
写真は、amazon様のお力添えを得ての、alexa ハンズオンセミナー
と期初の全社員総会の様子です。
null

2018年に向けて:国立新美術館にて年越しパーティーを無事開催しました!

 本年度も無事年越しに向けて、忘年パーティー(兼クリスマスパーティー兼15期増収増益見込み祝い兼社員2名の誕生日)を社員並びに来期新入社員合わせて開催の運びとなりました。
 また協力会社様や取引先様、あわせて70名ほどにもご参加いただきました。
 今年は、六本木の国立新美術館をお借りして開催させていただきました。
null
社員一同のプロジェクトや事業への各々の立場での取り組みや努力と、多くの協力会社様のご支援。そして、様々なチャレンジの機会を頂いている多くのお客様の御指導ご鞭撻のおかげで増収増益見込みで本会を迎えることができました。
 当社は1年以上前に特定派遣事業からは撤退し、今年はSIベンダーとしての受託事業とICタイムリコーダーをはじめとするサービスプロバイダーとしての役割に注力してまいりました。
 おかげさまで、ITエンジニアリング事業部は従来からの銀行をはじめとする金融機関様、コマース事業者様、コンテンツ事業者様、など引き続き、多くのお引き立てを頂きました。
 業務ソリューション事業部では、医療分野での実績・受注が飛躍的に伸びてまいりました。建設事業者様なども引き続き多くのお引き合いを頂いております。
 観光ビックデータ事業部も観光予報を始めとする多くの事業を強化し設立一年目で黒字化を達成しつつある状況です。
 ICタイムリコーダーも今年はワークフロー機能による残業の申請承認機能を追加して大幅に機能向上をしました。その結果、ワークフロー機能への需要が大きい中規模以上の規模の企業様からの引き合い・導入事例が大幅に増えて成長を重ねることができました。
 鉄道会社様や航空会社様など、非常に大規模な事業者様からのお問い合わせを頂く機会が飛躍的に増えました。
 人事採用も人手不足が叫ばれる中、比較的好調に推移し、多くの新たな仲間を迎えることができました。
 16期に向けてですが社内、社外双方に向けて取り組みを続けていきます。
 医療や金融機関へのWebシステム提供を10年以上も重ねてきたことから、ミッションクリティカルなインターネットシステムの提供には多くのノウハウ・人材が蓄積されてまいりました。
 引き続きWebシステム事業では「金融や医療」の基幹システムとして利用できるような「本物のプロ集団」としてのITエンジニアリングサービスの提供を続けます。
 さらに効率や品質の観点で努力と成果を重ねてまります。
 15期に大幅に伸びた医療関連分野のシステム受託事業のさらなる推進を予定しています。
 2020年に向けて社会全体で観光など人の動きや決済に関するITエンジニアリングの需要が見込まれることから、観光ビックデータも、さらなる取り組みをしてまいります。
 ICタイムリコーダーは営業ベースで過去最大ペースでのお引き合いを頂いています。来年度以降もさらなる機能強化を続けていきます。
 テクノロジーの面では音声デバイス(Alexa/echo)や、その背景にあるAI技術などへの取り組みをますます進め、技術という名の付加価値を組織・エンジニア双方で高めていく次第です。
 従来よりのscrumなどの早く柔軟な開発の取り組みを生かし先端テクノロジーとビジネスを結びつける役割を強化してまいります。
 社内向けましては、現在当社も労務改革に取り組んでおり、第16期以降に向けて成長の土台を整備していく予定です。
 フレックス制や在宅勤務制度の強化。育児介護休暇の充実など複数の改革が予定されています。
 その上で、来年は皆様に「おっ」と思えるような、皆さまに「コラボしたい!」と思えるようなサービス・テクノロジーを発表する機会も増える会社づくりにも取り組んでまいります。
 引き続き2018年。そしてその先も宜しくお願い致します。
写真は社長賞の授与式です。昨年はドローン、今年はモーションセンサーが副賞です(笑)
null