御蔭さまで無事、2014年の忘年会も開催出来ました。

 一昨年のサンシャインの展望台。昨年のジョエル・ロブション本店。そして今年のサンシャイン水族館。
 クライアント様。パートナー会社様。社員。先だっても申し上げたように、どれが欠けてもシステムを生み出すことはできません。
 そうした大勢の107名もの方に御集り頂いて、大変盛況な内に終えることでが来ました。御来場頂いた皆さま本当にありがとうございます。
 我々は、世の中にシステムを送りだすことで、クライアント様やそのユーザーに貢献し、対価を頂く企業です。
 我々が、その存在意義を世の中にあり続けるために、我々は世の中にITソリューションを武器に必要な企業であり続けようとします。
 どこかの缶コーヒーのCMではないですが、自分達が世の中の少なくとも一部を作っている気概でこれからも、クライアント様を通して、パートナー企業とともに世の中の役に立つように努力を重ねて行きたいと思います。
 或いは自社のサービスを通して、多くの人の役に立つ方法を考え続けます。
 ワークライフバランス、或いは、チーム開発の楽しさ、テクノロジーの先端性、或いはミッションクリティカルかつ大規模なプロジェクトのマネジメント・・・それぞれ、仕事に対するモチベーションのあり方は当社内の社員もバラバラです。
 でも当社はそうした多様性を大事にしたいです。そうした多様性の中でも、常に一貫しているのは、全社員「仕事が好き」ということではないかなと思います。
 「人は結局はやりたいことしかしない。」だったら、当社経営陣はは社員のやりたいことを提供し続けてそして、いつも「仕事が好き」で合って欲しいと願い続けます。
 「好きなことが誰かの役に立ち、対価を頂くことが出来、そして次につなげ続けることが出来る。」そうありたいと忘年会の会場を見つめながら思いました。
 来年。当社はここにありません。多くの皆さまの御蔭で次のステージに移ります。
 2014年も有難うございました。
水族館
忘年会2014ご飯
ペンギン
2014忘年全体

【重要(笑)】当社、2014年末パーティーは12月22日です。

 いよいよ2014年も瀬ですね!
 幹事のTさんを始め・・・というか最近では幹事というより「実行委員会」という感も強い当社忘年会!
 今年は、サンシャイン水族館貸切です!
 ITプロジェクトは、当社社員の見みならず、開発者だけの取り組みや努力によって完成される物ではありません。
 発注側である御客様も要件の取りまとめや決定の仕組みづくり。仕様の確定、ユーザーの部署間の調整やベンダー間の協力体制の確立など非常に多くのタスクに尽力頂く必要があります。
 また当社の40-50人程度の体制のみでは、お取引先様の様々な御要望に応えるだけのスピード感を持った対応もできない次第です。
 ですので、当社にとって御客様(ユーザーサイド)も協力会社様(開発支援企業)も同じプロジェクトに向かって、同じ方向に進むいわば「戦友」ということになります。
 私が常々思っていることの一つは「やってあげている仕事も、やらせて上げている仕事も決して上手くいかない。やらせて頂いていて、やって頂いている仕事だけが上手くゆく」と思っています。
 ですので、こうした年末パーティー等の機会も自分達だけでビジネスが成り立っていないことを改めて想い返す機会でもあります。皆さまとの協力関係の中でのみ良いシステムを生み出していけると言う想いから毎年、顧客様・協力会社様双方にお声掛けして、ゆく年くる年を語り合い、来年、再来年へとつなげて行くようにしています。
 なお近年では招待状の数が増えすぎて私も把握しきれておりません。
 私から声を掛けられたのに招待状ないよ〜という方は単なる私の連絡漏れです済みません。
 是非、個別に連絡頂ければと思います。
 写真は社内勉強会です。
 こうした社内勉強会は月一程度で開かれています。社員同士の技術交流の重要な機会であるとともに「発表」の練習としてもまたとない機会となっています。
 「プレゼン」というのもエンジニアにも大事なスキルですからね。
勉強会1
勉強会2