Top / Member / メンバーインタビュー03

業務ソリューション事業部 西澤 佳宣

Member 03

新たなチャレンジがしたい!そんな思いでオープントーンを選びました。

入社前の経歴を教えて下さい。

大学在学中にアルバイトしていた会社にそのままお世話になり、13年ほど勤務しておりました。
そこはソフトウェアをパッケージで販売している会社で、業務内容としては、クライアントサポートがメインでした。

導入頂いているクライアントに、使い方を電話で説明したり、セミナーのような形式で対面で説明したり等、色々な手段でユーザーのサポートをしておりました。
時には営業に同行し、顧客に直接導入にあたってのコンサルテーションを行うこともありました。
導入後の活用方法を提案させて頂くこともありましたし、既存顧客のフォローは親身に丁寧に行ってきました。

お陰様で多くの契約更新を頂きまして、営業職ではなかったものの、売上には貢献してきたと自負してます。
今思えば、常に会社の利益は念頭に置いて仕事に取り組んでいたように思います。

何故転職しようと考えたのですか?

前職は在籍期間も長かったですし、会社からも随分と可愛がってもらっていたと思います。
もちろん仕事の遣り甲斐も感じてました。

ただ、漠然と「このままで良いのか?」という思いは抱えてました。

働き慣れた職場でしたし、居心地が良い環境ではありましたが、「もっとチャレンジングなことがしたい!」と思うようになっていきました。

そこでクライアントサポート主体の仕事ではなく、営業職としてチャレンジしようと一念発起し、転職活動を開始しました。

オープントーンを選んだ理由を教えて下さい。

13年にも及ぶ自身のクライアントサポートの経験を活かしつつ、営業職としてチャレンジ出来る会社だと思いました。
また、オープントーンはその当時、営業職の選考ステップに「プレゼンの実技試験」がありました。

「プレゼンの実技試験」を選考で実施する会社はそう多くありません。
入社前に自分のプレゼン能力を見て頂けるのは、有難いと思いました。

その実技試験を受けること自体が「チャレンジ」だと思いましたし、闇雲に人を採用をしているのではなく、丁寧な採用をする会社なのだろうと、自分にとっては好印象でした。

いざ面接に足を運んでみると、社員の対応もとても良かったんです。
部屋に案内して、お茶を出して頂くという対応一つとっても、義務的ではなく、人としての優しさとか丁寧さを感じられました。

そんな対応をして頂けたのも単純に嬉しかったですし、こういう社員が働いている会社だったら、安心して働けると感じました。

何より、自分の「チャレンジしたい!」という思いも評価してくれて、選考を進めて頂けました。
選考途中から、内定を頂いたら入社しようと早々に決めていました。

現在のお仕事内容を教えて下さい。

主軸としてはSIの営業活動です。
いわゆる受託開発によるソリューション提供をすべく、受注活動に日々励んでいます。
それと並行して、SESの営業活動としてエンジニアの手配等を手掛けることもあります。

顧客の業務効率化をITで叶えるべく、日々奔走しております。

提案先としては、現状ですと既存のお客様が多いです。
手当たり次第、無鉄砲にコンタクトを取っていくような押し売りの営業スタイルではなく、一つ一つの顧客のニーズを丁寧にヒアリングし、深堀していくよう心がけています。

また、受託開発での提案をきっかけに、自社サービス化したものもありますし、営業職ながら「新しいサービスの創造」に関われる環境だと思います。

その反面、日々のルーティンワークをこなすのではなく、自分で仕事を作っていかなければなりません。
苦しいことも、ストレスを感じることももちろんありますが、手探りの状況で、何をすべきか?を考えながら実行していくことには、大きな遣り甲斐を感じられています。

今後の目標を教えて下さい。

第一に「給与アップ」です。何はともあれ、お金が欲しいですね(笑)
当然、待遇アップの為にはもっと会社での売上をアップさせなければなりません。

その為には、まず目先の目標としては一人で提案~受注までを自己完結させられるよう、スキルアップしていかなければならないと感じてます。
今は上長にフォローしてもらい、相談させてもらう事も多いので。

あとは、組織図上でも自分の役割を広げていきたいです。
ゆくゆくは、後進の育成やマネジメントも任されたいという思いがあります。
自分がこなせる役割が増えれば、自分の年収も自ずとアップしていくでしょうから。

応募者へのメッセージをお願いします。

指示待ちではなく、何事にも主体的に取り組める方が活躍出来る会社だと思います。
社員一人一人に大きな裁量を与えてもらえますし、提案や主張がしやすい環境です。

大きな会社組織だと、上長や経営陣への提案はしずらいと思いますが、オープントーンにはそれがありません。

決裁権を持つ経営陣と距離が近いというのは、働く上で大きなメリットではないでしょうか。

是非、「主体性」と「チャレンジ精神」を持った方にご応募頂きたいと思います。

主体的にクリエイティブな仕事に関われる事に、大きな喜びを感じられるはずです。
ご応募お待ちしております!

業務ソリューション事業部 西澤 佳宣

PROFILE

西澤 佳宣
業務ソリューション事業部
入社:2015年

Page top