この度は当社10周年記念式典に御越し頂きまして有難うございました!

Pocket

この度は当社10周年記念式典に御越し頂きまして有難うございました。
 御蔭さまで30社を超える100名以上の来場者の列席の元、盛大にお祝をさせて頂きました。
ロブション外観
 今回、事前告知の通りジョエル・ロブション(恵比寿)という当社には分不相応な星付きのレストランを会場にさせて頂きました。
 そのため会場での御挨拶でも申し上げました通り、当社の創業時の総資産より大きな費用が今回の式典にはかかっております。
 しかし、費用をかけてでも、ジュエルロブションの様な特別な会場で開催させて頂いたには幾つかの理由があります。
 
 まずは、創業当初依頼10年、当社を支えて頂いたお客様や従業員への感謝の気持ちです。
 もっとも私は従業員や御客様に10年目のクリスマスプレゼントのつもりで、ロブションでのパーティーとさせて頂きました次第です。
 が、逆に会場では当社社員のサプライズによりお付き合いの長い取引先各社の社長・役員の方から温かい祝辞をプレゼントして頂きました。
さらには両親からの御祝いも。まるで披露宴ですね(笑)
会場内
 さらに個人的には今回の会場にした思い入れも一つあります。
 かつて7年程前に、とある外資の世界的大企業の主催するパーティーに呼んで頂いたことがあります。
 その時の会場がこのロブションでした。ですので実業家としてそこに近づけたらという想いもあります。
 もっとも会場をロブションにするインスピレーションはその時に得たのでですが(笑)
 そして、私が10周年の会場費(ロブションの為の予算)を役会で議決した時に思ったのは「これで、御客さんや社員の多くは一生当社の名を忘れないことだろう」という「してやったり」な気持ちでした。(笑)
 来場者の方も従業員も高級レストランの話しが日常で出る度に当社と当社の式典の事を思い出していただけるなと。
 他人の想い出に自分達の積み重ねた物が残って行くなんて素敵な事じゃありませんか。
 他人と重ねた時間の厚さは人生の厚さと申します。
 そう思えばロブションで100名以上の方と重ねた時間。そして何より、そこ至るまでの皆さまとのお取引の日々・・・プロジェクトで辛苦をともにした時間は我々にとっても、とても素敵な人生の厚みになったわけです。
 この10年、私や社員達は命がけで会社を育ててきたつもりです。
 ですので非常に著名な会場でも一点も恥じることなく胸をはって御礼を御客様ならびに協力会社の皆さまに御伝えできます。
ケーキ
皆さま当日は御来場頂き誠に有難うございました。
皆さまを前にして、一同さらに次の5年10年に向けて羽ばたくために思いを新たにできました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です