Pocket



今日のニュース

大豊建設、作業員の健康管理にAI活用--顔認証などで入力作業を削減

大豊建設は、Algoageが提供する顔画像解析AI(人工知能)を活用し、作業員向けの健康管理システムを構築した。システムの構築はAlgoageが実施した。

ZDNet Japan 最新情報 総合


大塚商会、コロナ禍で減収減益--AI営業支援システムなど活用

大塚商会の2020年度上期連結業績は、売上高が前年同期比3.8%減の4329億円、営業利益は10.5%減の303億円だった。AI活用などを推進している。

ZDNet Japan 最新情報 総合


パンデミック後のITとセキュリティ--コロナ禍で世界と企業はどう変わったか?

新型コロナウイルス感染症により急激な社会構造の変化が進む中で企業のビジネスやそれにまつわるサイバーセキュリティはどう変わっていくのだろうか。今回から「ウィズコロナ」と呼ばれる時代のIT活用とセキュリティ対策について考察していく。

ZDNet Japan 最新情報 総合


神戸市が新型コロナ対策として遠隔ICUシステムを導入、スタートアップのT-ICUと連携

 神戸市は8月12日、新型コロナウイルス感染症患者の入院を受け入れている行う市内の医療機関に「遠隔ICUシステム」を導入することを発表した。 Read More

TechCrunch Japan


「医療の仮想化」とは? コロナ禍で病院CIOが注目するITトレンド

新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって、医療機関はIT投資の方向性を変えようとしている。こうした中、医療機関のCIOはどのようなIT製品に注目し、役割をどう変えるべきなのか。米国の医療機関CIOに聞く。

医療IT - TechTargetジャパン 最新記事一覧


「電子カルテ」と「HIS」は違う? 病院とベンダーが混乱する「用語の誤解」

医療機関とITベンダーは「医療現場をITで効率化する」という同じ目標を共有していても、システム導入時の議論がかみ合わないことがあります。用語の使い分けに端を発する「誤解」に注目し、混乱の原因を探ります。

医療IT - TechTargetジャパン 最新記事一覧


新型コロナ「接触確認アプリ」はなぜ必要で、なぜ過度な期待は禁物なのか

新型コロナウイルス感染症陽性者の接触追跡アプリケーションは、公衆衛生機関が主導する国家的な取り組みにも有益な技術だ。ただし真価を発揮するためには超えるべき壁がある。それは何か。

医療IT - TechTargetジャパン 最新記事一覧


新型コロナ「接触追跡システム」の真価は院内感染の防止か

新型コロナウイルス感染症の感染経路特定を支援する「接触追跡」システム。医療機関にとって、その活用は院内感染の防止にも役立つという。米国の医療機関や調査会社の話から、その実態を探る。

医療IT - TechTargetジャパン 最新記事一覧


医療機関が「クラウドサービス」への移行時に留意すべき3つのデメリット

クラウドサービスは医療機関にさまざまなメリットをもたらすが、考慮すべき課題もある。医療機関がクラウドサービスへのシステム移行時に陥りやすい3つの課題を解説する。

医療IT - TechTargetジャパン 最新記事一覧