Pocket



今日のニュース

AIが健康な胎芽を特定し体外受精の成功率を高めると謳うEmbryonics

 年を追うごとに、医療の世界では正確な診断の標準的レベルをAIが押し上げるようになってきている。皮膚ガンや肺ガンの発見においては、それが顕著だ。イスラエルのスタートアップEmbryonicsは、同社のAIなら、体外授精で健康な胎芽が着床する確率を高めることができると主張する。 Read More

TechCrunch Japan


医療AIからバイアスを排除 「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)の臨床価値とは

「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)を用いた共同研究は、従来医療AIモデル開発において障壁となっていた問題を解決する可能性がある。NVIDIAが協力した「EXAM」開発プロジェクトの事例から探る。

医療IT - TechTargetジャパン 最新記事一覧


「Amazon Halo」のすごさとは? 電子カルテとの連携がもたらすインパクト

ヘルスケア用ウェアラブルデバイス市場にAmazon.comの「Amazon Halo」が新たに登場した。Amazon Haloがもたらす価値とは何か。同社はどのような戦略でヘルスケア分野に参入したのか。専門家の見解は。

医療IT - TechTargetジャパン 最新記事一覧


「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)が医療AI開発の在り方を変える?

世界20施設の医療機関が共同で、新型コロナウイルス感染症患者の酸素投与の必要性を予測するAIモデルを開発した。研究の鍵となった技術が「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)だ。その可能性とは。

医療IT - TechTargetジャパン 最新記事一覧


1日300人以上のコロナ検査をさばく病院が実践した“ITやりくり術”とは?

1日当たり300人以上のCOVID-19検査を実施するカナダの医療機関Southlake Regional Health Centreは、検査を受けた人に結果を迅速に届けるべく、新規システム導入ではなく既存システムの活用を選んだ。その方法とは。

医療IT - TechTargetジャパン 最新記事一覧


ONC、医療システムの「情報ブロック」規定の準拠期限を延期 新型コロナの影響で

ONCは、医療システムの「情報ブロック」規定への準拠期限を2021年4月まで延期した。新型コロナウイルス感染症の影響を受ける医療従事者に配慮した。

医療IT - TechTargetジャパン 最新記事一覧