17期目標達成と第18期が開始!

 創業して18年目に入りました。おかげさまで今期は事業目標を達成できそうな着地となりそうです。期初には写真のような社員総会を開き、振り返りと展望について全社員・全事業部で共有する機会を持っています。

 結果、17期中14期が黒字で事業は成長を重ねてくることが出来ました。
 昨16期に大きな赤字をだしてしまいましたが、今期はその赤字をちょうど埋めきる程度の黒字での着地となりそうです。

 この数年で、会社の事業内容や御客様にも大きな変化が出てきています。
 特に事業の指標を3年ほど前に収益のみ(売上を指標から除外)にしたこと。特定派遣認可を返上し常駐開発を廃止したことが大きな変化となりました。

 売上を指標から外した結果「外部リソースを使ってでも受注する」ような受注シーンが激減し、常駐事案の収束も非常にスムーズに進みました。
 結果として、働き方改革が非常に進み平均残業時間がほぼ半減することになりました。(現在月間10-20時間事業部にもよる)

 いまだに、当社のホームページなどのコンテンツを見ると「金融系システム会社」のイメージが強いかと思います。が実は17期の金融系のセグメント売り上げは20%程度に減っています。
 その20 % も従来の銀行様ではなく時代の世相を反映して電子決済系の開発が中心となっております。

 また、自社クラウドサービスであるICタイムリコーダーも働き方改革という世情にマッチし契約数が急増し過去最高記録を更新しています。
 結果事業部の独立採算で通期黒字見通し(これまでは単月黒字)に転嫁する見通しとなり。「まだないものを、まだ届かない所へ」のフレーズに沿った事業の取り組みを進めていけている次第です。

 取引環境も変わり昨年ではamazon社のAWSパートナー「APN」にも加盟し、米国oracle社との取引も開始となりました。事業を取り巻く複数の要素が前に向かって絡み始めた感があります。
※ただ、当社の御客様との得意先の取引平均継続年数は5年以上のままですので、これまでの多くの得意先様のご支持・ご支援頂けての結果です。

 今年からは社員の英語教育も公式に開始しました。一昨年より幹部に限っていたシリコンバレー派遣も今年は社員からの参加を予定しています。(※注:あくまで予定です)

 取締役会もプレスリリースの通り畑田社外取締役を招聘し経営体制も刷新いたしました。

 第18期は「創造する組織へ

 2020年度18期は「創造する組織」をテーマとさせて頂きました。これはICタイムリコーダーのような自社サービスの発信という意味だけではなく。従来のITコンサルティングと受託型システム開発をより強化する意味合いも含んでおります。ITコンサルティングについてもよりアクティブなご提案を行い「クライアントが想像もできないような創造性にあふれたシステム開発」を行える立場を目指します。

 我々は当初より「人の数に寄らないソフトウェア産業の在り方」を追求しております。「創造する組織」は、その一つの取組として考えております。引き続き皆様と「社会を変えるITの力」を信じ。 「まだないものを、まだ届かない所へ」 に取り組んでまいります。

 

 そして、若干余談ですが「システム開発のための見積りのすべてがわかる本」もご好評いただき、増刷が決定いたしました。
 嬉しいことに、1年間で読み込んだ読者様から様々な指摘を頂き。なるべく頂いたご指摘を反映させて増刷させて頂きました。
 書評では厳しい意見もいただいてはおりますが、参考にさせて頂いています。

2019 Year-end party!!

Ladies and gentlemen! Welcome to Opentone year-end party!!

やってまいりました。今年も株式会社オープントーン忘年会の時期です。

忘年会スルーが世間で話題になっていますが、当社ではもとより忘年会は参加自由です。参加率は90%位ですが、低いとみるか高いとみるかはわかりません。

普段、「会社の飲み会」が多くない分、年に数度のイベントはちょっと凝っています。今年は、東京湾でクルージングパーティーとなりました。

参加費は全て会社持ちで、得意様も招待させて頂いております。昨年はサンシャイン水族館、その前の年は六本木国立新美術館など「忘年会?」という場所で開催しています。

会場に拘る理由は「社員や参加した皆様の思い出に残る会にしたい」という想いです。お得意様も招待するのはシステムインテグレーション事業において「オンサイト顧客」はプライムベンダーである当社にとって重要視していることです。

当社は常駐でのシステム開発をしていない分、顧客の業務理解や、システム化によるビジネスメリットの実現にはより力を入れる必要があります。その為、われわれの意識の中では(失礼かもしれませんが)「ユーザーもチームメンバー」と捉えています。

今年も70名以上の皆様に参加頂き、東京湾で非日常を過ごすことができたのではないでしょうか。幹事の皆さんありがとうございました。

千葉経済大学短期学部にてIT産業とダイバーシティについて講師をいたしました。

2019年10月某日に千葉経済大学短期学部にて機会を頂きました。IT産業のご紹介と現代ビジネス社会におけるダイバーティについて講師をさせて頂きました。

講義風景

当社では学生や未経験の方向けにITベンチャー企業としてソフトウェア産業についてなど、ご紹介の機会があれば御協力させていただいております。(学校でのプログラミング授業義務化に伴うボランティア登録等も行っております。)

説明の様子

本ディスカッションではITビジネスの現状や将来性について90分の講義時間使い、ご紹介をさせて頂きました。当社の社員研修でのシリコンバレー研修を例にとり、学生の日常生活によく出てくるFacebookやGoogleなどの本社訪問の様子を紹介いたしました。

Googleの社員食堂の様子

また、こうしたIT先端企業におけるDiversityへの取り組みと、多様性から生み出される創造性にあふれたサービス。そのサービスが社会に及ぼす影響や経済価値などを事例を挙げて紹介させていただきました。

なお、当社でも1昨年よりエントリーシートから年齢・性別などの記入項目は消しております。実際に50代以上の新入社員も入社頂き活躍していただいています。是非、そうした多様性の中での活躍を志望されるかたも当社に御応募ください。

 「仕事を片づける」ではなく「仕事を創る」へ

「まだないものを、まだ届かないところへ」を合言葉にITエンジニアリングと創造性の融合を目指す当社。そんな、当社ではさらなる社会に役立つプロダクトやサービスを生み出す企業へと成長できるように「社内ハッカソン」の取り組みを開始しました。
 今期より社外取締役に就任しました畑田の指導の下5チームほどに分かれて、サービスのアイディア出し、要件定義、設計・開発を検討・作業いたしました。
 非エンジニア(たとえば経理!)にも参加してもらい、マネタイズへの検討等までおこなっています。当社は既に日本国内津々浦々にて使われています「ICタイムリコーダー」の開発運用をおこなっております。そうした自社サービスが「作ればいい」ものではないことはこの10年近いサービス運用の歴史で根深く身についています。

 逆に言えば「サービスを売ること、広めること」も重要なノウハウであり、これから社員が生み出したものをどうやって世に送り出すか。そしてマネタイズをし継続可能な事業にするか。はとても大事な取り組みです。
 こうして当社ではITアーキテクトやエンジニア以外にも沢山のスペシャリストが活躍しています。

 「仕事を取る・片づける」能力が評価されがちです。
 でも私たちは「仕事を創る」能力を大切にし、育て広げていこうと考えています。
 今後、社内ハッカソンはさらにつづけ創造性の向上に向けてさらに取り組んでいきます。
 なお、ハッカソンでAIによる画像解析と物理的な解析を行い「ゴルフボールの追跡」を私は提案しましたが却下されました。。。役立つし、マネタイズもできる気がしますが、、、なにより興味ある人がいなかった><

なお、当社ICタイムリコーダーでは今月リリースいたしました「スマホ+GPS」機能が非常に好評をはくしています!ぜひ、この機会に導入を検討ください。

経営体制を刷新しました!

 当社では、このほど株主総会を開催し、役員の選任を行いました。経営体制が変わり新たに畑田氏が当社役員に加わりました。

 事業部の体制変更(業務ソリューション→ヘルス&メディテック)に加えて、経営体制も一新することで事業体制の変革もより推進してまいります。当社では「ソフトウェアで社会を変える」「ITをライフワークにする」の言葉通り受託ソフトウェア開発を中心に発展してまいりました。
 しかし、その形も日々、適者生存に向けて形を変えています。
 製造を請け負う開発会社から、システム全体を構築するSIerへ。そしてサービス全体を開発運用支援するワンストップサービスへ。現在では自社での直接サービス開発・運用や顧客との共同サービス開発運用にも力をいれています。

 現場も大きく変わりました。これまで金融機関などに直接お取引をいただきながらも常駐での開発も対応させて頂いてまいりました。
 1昨年に、特定派遣免許を返上したこともあり常駐での開発は徐々に縮小し、現在ではラボ型開発と言われる持ち帰りでの開発とさせて頂いております。
※運用支援や要件詰めなど適宜、必要な際には伺っての対応もしております。

 さらに、従来のICタイムリコーダーや、観光予報にはじまるビックデータやAIを活用したサービス運用。昨年のAPNパートナーにはじまるクラウド化コンサルティングなどより直接的なサービス・ビジネスの展開を手掛けています。

 今回の畑田氏の役員就任では、そうした当社の変化を支え推進していただくために就任いただきました。
・新サービスの開発・開拓への推進
・プロジェクトマネジメントの質の向上
といった役割を期待されての就任となります。

 17期にはいりさらなる変化を毎年続ける当社をぜひ、ご支援・ご指導頂ければ幸いです。

 写真は当社では公式?(というか社員の半数以上が参加する勉強会)が概ね月一回開かれています。ここ3-4回の内容はAI、フレームワーク解説、AWSの上級編・・・などが開催されました。勉強会のネタは、プログラミング系だけではなく、サービスやビジネスまで多岐にわたります。
 教える側のスキルアップにもなるこうした取り組み。結果として講演やセミナーの受注にもつながっています。

写真もう一枚は当社歓迎会の風景です。試用期間に事業部を複数経験しますので何度も歓迎されます(笑)

ヘルス・メディテック事業部始動とお花見歓迎会を開催!

 当社もお陰様で無事16期を終え、17期へと入りました。29で起業して以来、17年以上、ここまで事業が継続・発展し続けられたのは一重に、従業員の努力。そして、その結果頂いた取引先様、サービス利用者様からのご評価・ご支援のたまものです。
 随分ブログの更新が開いてしまいましたが、発信自体は日々公式ツイッター(+佐藤アカウント)と公式FBで行っておりますのでそちらもご覧ください。

 今期からは事業部の体制が刷新され、ITエンジニアリング、観光ビックデータ、ICタイムリコーダー、業務ソリューションの4事業部体制から業務ソリューションのドメインを特化し「ヘルス・メディテック事業部」とさせて頂きました。
 当社のクライアント層はエンターテイメントから金融機関・政府機関まで様々です。が実際には機能性や品質を重要視するご提案を中心にプロジェクトに取り組まさせて頂いております。その結果、価格より機能性や品質を重視されるクライアント様とのお付き合いが長く・深くなる傾向が強くなっています。
 その為、「業務ソリューション」の中でも特に顧客層の多くを占めていた「ヘルス・メディカル」など医療や健康保険など医療周辺サービスに特化した事業部再編を行った次第です。
 当社のこれまでのプレスやホームページでの打ち出しから「金融」に特化されているとご評価いただくシーンも多い次第ですが、近年の新しいお取引先の傾向としては官公庁の関連事業や前述の医療関連が多くなっております。

 こうした背景を踏まえて17期からの事業部再編をさせていただきました。
・ICタイムリコーダー事業部・・・クラウド型勤怠サービスICタイムレコーダー
・ITエンジニアリング事業部・・・決済など金融関連などミッションクリティカル性の高いシステムのシステムインテグレーター部門
・観光ビックデータ事業部・・・ビックデータ解析や解析に基づいた機械学習を取り込んでAIシステムなどの提案型、受託部門
・ヘルス・メディテック事業部・・・医療(特にIOTや治験)や健康保険関連など健康・医療関連のシステムインテグレーター部門
 これら4事業分野でのますますの取り組みをお約束させていただきます。

写真は、お花見と、当社社内勉強会の様子です。
 お花見は当社の所在地柄、毎年上野公園で開催しています。
 今年は見事満開でした!
 勉強会は、普段は社員同士で行いますが、昨年のamazon様に続いて今年はエスプリータ様に開催頂きました!

エスプリータ畑田氏セミナー

LastYearPaty2018@サンシャイン水族館

 当社では毎年、忘年会を新国立美術館や国立近代美術館(2017年)そして今年のサンシャイン水族館2018年)のように、ちょっと変わった場所でしています。

 子育て中の社員も多いことから「会社で飲み会三昧!」というわけではなく、年に数度のイベントに力を入れる形でしています。

 場所が水族館ということもあり「家族同伴もOK」にしています。
 社員(社員家族)、協力会社様、クライアント様といっしょに2018年を振り返り2019年につなげる会としました。
 準備に尽力いただいた、幹事の社員にまず感謝です。
 またご参加いただいた多くの皆様ありがとうございました。

 今年の当社の振り返りは創業以来の、最大の請負事案の納品を終えたことが一番でしょうか。納品検収を終えたとはいえ、開発に当たっては納期を押すことになっていまい、御客様にも、現場にも負担が発生したことは、今後の会社、SIベンダーとしての能力向上に、まだまだ大きな課題があるなあと感じた次第です。

 他に大きなトピックとしては社内副業もかねて当社から商業出版をすることが出来ました。見積はいわば、プロジェクト計画そのものです。15年以上のシステム開発のエッセンスと「いまどきの開発」を融合した本書をぜひご参考ください。
 (今のところ)ネットでのレビューも高評価を頂いております!(★4~5)

 2018年は就業規則も大きく変えて、在宅勤務や介護休暇などを充実させました。いずれも社員の利用実績も積み上がり「よりよく働ける仕組み」はさらなる今後のテーマとしていきます。
 特に在宅+介護を行う社員がこの制度を利用していただいたことで「これからの日本社会全体のテーマ」として当社も取り組みを始められました。

 ちなみに、2月に2018年の振り返りというのはホームページ更改を行っており、更新を止めておりました!

 今後はさらに、発信を充実させていきます!