折り返し地点を過ぎました。

 ありがとうございます。
何がというと、無事36歳を迎えました。
70以降の人生は完全に「余生」とらえると
「余っていない部分」の折り返しが過ぎたなあと思います。
まずは大病もなく、元気にやれていることが一番うれしいですね。
で「ここ数年どうだったの?」と振り返ってみると。
「時間はもっとも高価なものである」ととらえて、とにかくスピードには心がけてきました。
「兵は拙速を聞くも、未だ巧久なるをみざるなり」(孫子曰:宮城谷昌光氏著)
を手本に・・・ではないですが、全般にビジネスもほぼ、当てはまるなあと思って行動してます。なのでやたらと、手数が多く手が早い(笑)様に見えるのではと。
 まあ、少なくともベンチャーの心がけとしては合っていると思うので。
ただ、周りから見れば「早ければいいというものでも・・・」と思われているかもしれませんね(笑)
 たとえばビジネスを将棋のようなものに例えると、相手がすごく考え抜いた「いい一手」で「王手」をはってきても、その間にこちらが3手打ってしまえば、確実に勝てるなーと思っています。(笑)
 まあ、現実にはそんなに単純ではありませんが、私の行動パターンの一つに「速さ」を尊んでいるのは事実です。
 はてさて、もちろん期がはじまったばかりなので、これから成果に結びつけないといけませんね。