システムの100均?!

 去年の事業方針から「世の中が必要とされる会社になる」一環でそういうソフトウェアを送り出すことを目標に書きくわえています。
 個人的にその方針に基づいてできたらいいなと考えているのが、従業員数1000人以下向けの高品質な、バックオフィス系ITシステムを「機材込みで」100万円以下で提供するという「システムの100均」ができれば面白いなと思っています。
 サーバー等機材込みで100万以下のアプリケーションが勤怠・人事・給与・・・などのバックオフィスのすべてをカバーできるとすれば、おそらく従来のITコストの10分の1どころではない価格帯になります。
 もし、それができれば、おそらく日本の企業の全体的な競争力の強化にも貢献できるなあと思う次第です。
 というわけでその低価格・高品質を目指すソリューション群の一環、「ICタイムレコーダー」(IC勤怠)は今月19日にVer.2が提供になります。
 まず何と言っても、今までのIC勤怠よりも、システムのカバー領域を増やしております。
 たとえば、残業清算の算出を容易にすべく、勤務表の出力等が大幅に強化されています。
 さらにはフィリップス社がライセンスを持つMifare(ISO14443 TypeA)への対応が加わりこれで、一般に流通しているICタグのかなりの部分をカバー可能になりました。
 ほかにもご利用頂いた様々な各社からのご意見をまとめて反映しております。
 基本的に、Webで最新版は自動配布されておりますが、デモ以外で正式にご利用頂いております顧客様には別途バージョンUPに関する御案内を送付させていただいております。
 この機会にぜひデモを含めてご利用ください。

ICチップを眺めていて思ったこと。

 さてICチップ関連で、以前より、あるメーカーさんと話しているのがMMチップ
ジクシス社
トッパンフォームズ社
オンチップアンテナで0.2mmはすごいですね。
 たとえば、これを紙に仕込んで偽造を防止して「○○銀行券」のような通貨としてセキュリティなどに貢献できる。。。わけです。
 無論「○○銀行券」と呼ぶかは別として企業も同じようにICを仕込んで財やサービスと交換可能な「チケット」を発行することができます。
 こうなってくると不思議に思えてくるのは「通貨の発行主体者ってだれだろう?」という素朴な疑問です。
 そういう意味では電子マネーもそうですね。
 通貨は古来、国家・政府の専管事項ですが、たとえば100円=1ポイントで兌換できる電子通貨があるとします。この電子通貨、よりどころは政府発行の通貨ですが、通貨の発行主体者自体は特定の企業なわけで、そのポイントは財やサービスと容易に交換できます。
 そう考えていくと、通貨は急速に「国家の専管事項ではなくなっていくのでは?」と。
 たとえば特定の企業が国の産業の30%40%を占めるような国の場合、その企業が独自の電子通貨で給料を払い出したら、あるいは資金調達を電子通貨で。その時マネーサプライのような通貨の管理自体が国のコントロールを離れていくんでしょうか。
 あれ?多国籍企業がそれを始めると為替って???
 インターネット取引が世界レベルで浸透して、そこのポイントを得るだけで生活が成り立ち始めると特定の国家の通貨自体使わなくなる???
 無論通貨には民族のアイデンテティという意味もありますのでそんなに簡単にはいきません。が、、数十年の未来には「ネットポイント」で給料をもらって、それだけで世界中どこでも買い物も支払もできる。為替も意味がなくなる・・逆に1ポイント=100円で公共料金を払うためだけに、国の通貨に「交換」する・・・そんな時代が来るかもしれませんね。
 そう考えていくと。古来のマクロ経済学(特に国家による通貨の管理)自体が崩壊あるいは変遷していく時代は手の届くところまで来ている気がします。
 そういえば、通貨危機はファンドの力が国家ですらを凌駕してみせた好例でしたね。
 ちと弊社が最近ICチップとか電子マネー系のアプリケーション開発にかかわっているのでふっと思ったことでした。