これが自動見積もりツール(例)だ!!

では見積もり再考の続きです(笑)
サムネイル
<<大きな画像を見る>>
 本邦初公開。見積もりツールの出番です。
 添付ファイルのように、機能単位の「やるやらないフラグ」と開発チーム人数を変えることにより
・金額
・納期
が自動的に算出されていきます。
細かい要件の変更が入るたびにDBの難易度や画面・帳票の数を変えていくことで見積もりの変更がすぐに行えます。
 このようなツールにしてしまうことにより、
・機能単位ではいくらか?
・納期はいつか?
・チームの増減は納期とコストにどのような影響を与えるか
を即時に算出し、提案することが可能になります。
使い方としては、
?ユースケースを抽出します
?FPに従い「工数を算出します」*画面数やDB項目数に応じて入力をします
?開発チームの規模を入力します。
 ちなみに・・・

“これが自動見積もりツール(例)だ!!” の続きを読む