ぐるっとパス

さて以前会社で社内でちょっとした誕生パーティーをしていただきました。
頂いたのがこれ
http://www.rekibun.or.jp/grutto/
さて、美術館・博物館好きの私はどれくらいお得なんでしょう?
ちなみにかなり、こういうのを回るほうなので
私のお得具合で、このパスがはやるかどうかわかります。
早速、週末に引換券をパスに換えて最初の利用をしてきました。
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/kikaku/page/2007/0320/200703.html
見てきたのはこれ!!
 今後も、社内に、こういう「明るさ」「やわらかさ」「楽しさ」が満ちているような会社にしたいですね。
 社員の皆さん有難う!!

「格安で動いてさえくれればいい」システムが作れない理由

 やはりシステム構築の際にお客様企業と一番ギャップの出やすいのが
「コスト」です。つまり「なんでそんなにかかるの?」といわれることですね。
 
 たとえば、ユーザー企業が一様に思うのが、「白亜のお城ではなく、プレハブでいいから要件を満たしてさえくれればいい。そういうものを提案しなさい。」「そんな高くて凄いもので無くていいから、格安で動いてさえくれればいいのだ。」
 というご意見です。
 さて、システムにおいて、邸宅に相当するものとプレハブに相当するものの差は何でしょう?
 なぜ、予算がないというのに、SI企業はプレハブの提案書を持ってこないのでしょう?
 「質を抑えて安さで提供してくれ」というニーズになぜこたえないのでしょう。

“「格安で動いてさえくれればいい」システムが作れない理由” の続きを読む

祝!!世界で唯一のICタグシステム

今日ついに、世界で唯一「1M、2Mだけ届くICシステム」が稼動しました。
関係する企業名を出していいか了解してもらっていないので、まずは報告だけ。
 実際にタグをもってPCの前に立つとログインをして、ドアをあくのも目の当たりにして感動!!
一つの企業だけでは出来ないことをしたという意味でも感動です。
 概念設計と論理設計で、無論検証はしていましたが実際につくると様々なトラブルが。
 ここ数日は掛かりっきりでしたが、祝!稼動!!
 まずは業務提携先のヌーラボさん。得意のWebシステムを弊社のICタグソリューションと結合していただきました。
 自動ドアやPCログインはUHFタグが有名で安価ですが、使ってみた方は皆「10Mとか届くから全然実際には使い物にならない。」
とか、
 「距離制御が出来ないから、読み取りをボタンを押さないといけないので、タッチしているのと同じ」という問題があったと思います。
 解決しましたよー。1M、2Mだけ届きます。
 ちょうどドアが開き、PCにログイン!!
 世界で唯一!!
 実際便利なので、広めて行きたいですね。
 この間も、有るメーカーさんに「1Mだけ届くタグ?存在しませんよ。この世に」といわれた場かりです。
 今こそ「ここにありますけど?」といえます!!
 さーみんなで使い道を考えましょう!!