少人数で出来ていないことは大人数ではもっと出来ない

人を入れればプロジェクトは救われる??
プロジェクトの人員増加の前に考えなければいけないこと
 往々にして、プロジェクトの進捗が芳しくなかったり、スケジュールが厳しくなると、打たれる対策は「人員の追加」です。
 しかし、人員の追加はプロジェクトを救う方法の1手段でかつ最後の手段にすぎません。人員の追加はコストが上がり、教育や管理で一時的に生産性が下がるという状況を生みます。
 そんなリスクがあっても、人員を追加をする以上はその効果がリスクに見合う必要があります。
 「そもそも問題の解決になっているか?」を検討せずに、そのリスクを背負い込むワケにはいきません。
 にもかかわらず、「まずは人員増強」を最初に行うプロジェクトが多いのには違和感を覚えざるをえません。

“少人数で出来ていないことは大人数ではもっと出来ない” の続きを読む

いまさらですが

 まったくもって、いまさらですが弊社が今年の5月に引っ越した際の写真をUPします。
 SDカードを購入したので、ようやく携帯から一度にバックアップできました。
 その中から移転時に頂いたお花をUPいたします。
 お花を下さった
  イーキャッシュ様
  オープランズ様
  jurabi様
  テクノロジックアート様
有難うございました。
20061001-DVC00031.JPG