銀行のプライムベンダー であるということ

Top / Story 01

銀行のプライムベンダーであるということ

ミッションクリティカルなシステム開発の典型例である金融機関のインターネットシステム。オープントーンは銀行のプライムベンダーとして、日々その開発に取り組んでいます。
銀行から信頼を勝ち得た要因とオープントーンの強みは?今後の展望は?
金融ソリューション事業部の部長とプロジェクトマネージャーが語ります。

large_05

銀行のマネジメントで「痛い目」を見られる環境があるということ自体、素晴らしいのかもしれませんね。

菱野:私も2次請けのベンダーから転職したのですが、このようなプロジェクトの「管理」に取り組める機会はそうはありません。
大手に入り、何年もあるいは何十年も下積みを重ねて少しづつ昇進して、ようやくそうした立場になるのが一般的です。

あるいは、銀行に入行し情報部門に配属してもらい、やはり同じように何年もかけて・・・。
「痛い目」を見て欲しいわけでも、見るべきだとも思ってはいません。
が、そうした「成長の機会」を得ること自体が実は貴重な場ではないかなと思います。

畑中:菱野はもちろん、部長である私自身何度も「立ち直れないんじゃないか」と思うくらいの失敗もありました。
あのシステム障害を出してしまったときなんかなあ・・・(苦笑)

逆説的ですが、そうした障害にも「めげ」なかったのが顧客の信頼にも繋がっているかもしれませんね。

畑中:正直内心は「めげ」ていましたがね。(苦笑)
5年くらい前に大きな障害出してしまいました。そのときは「取引見直す」といわれたくらいです。

それでも、できることを一つ一つやろう!とチームメンバーを集め、何度も何度も問題点を洗い出しました。
「品質を上げながら開発効率を上げる。」という相反する命題に逃げずに取り組んだことにより、今があるのかと思います。
その取り組みにより、障害を600日間も出さず、顧客から表彰を頂きました。

菱野:実際今では「はあ…。なんで?」と思うような障害は出なくなりましたね。
どちらかというと「このケースの、このパターンがもれていた」とか、障害の出た原因がきちんと追求して改善できるようになったと思います。

同じように「めげ」ずに取り組んでいただける方に応募をしてもらいたいですか?

large_05

畑中:その気概はもちろん持っていて欲しいです。あとは一つでも出来ることを常に増やそうとする人。思っているだけじゃなくて、行動をして成果を出せる人。
事業部としてはそういう方に来ていただきたいと思っています。端的に言うと、「明日の自分のために一個一個積み重ねられる人」ですね。

菱野:さらに現場として付け加えるなら、Javaでもデータベースでもそうした技術を身につけ「自分の技術を社会に役立てたい方」にも是非来ていただきたいですね。
我々とお客様との信頼関係をうまく使って、言語やフレームワーク、ツールの特性を生かし、世の中に役立てて行きたい方も歓迎したいですね。

先ほども述べたように、皆さんの思う「銀行の開発」とは大きく違います。
もちろん、好き勝手に何でも試せるわけではないですが、エンジニアとしての技術的な取り組みと社会的に役立てるという観点を非常に近くで両立させてり組める環境だと思います。

畑中:そういう方々と一緒に、現在の顧客行様へ貢献するだけではなく、ミッションクリティカル性と生産性や技術などの両立した柔軟な開発環境を作り出していきたいですね。
そして、その環境をさらに多くの顧客や業界ひいては社会に役立てていきたいですね。

ページ: 1 2 3

Page top