銀行のプライムベンダー であるということ

Top / Story 01

銀行のプライムベンダーであるということ

ミッションクリティカルなシステム開発の典型例である金融機関のインターネットシステム。オープントーンは銀行のプライムベンダーとして、日々その開発に取り組んでいます。
銀行から信頼を勝ち得た要因とオープントーンの強みは?今後の展望は?
金融ソリューション事業部の部長とプロジェクトマネージャーが語ります。

large_05

そうした形で銀行との信頼関係が作り上げられたことには、どういう要因があったのでしょうか?

菱野:銀行のプライムベンダーとして、会議の場で顔を並べる他のベンダーさんは殆ど大手、、、それも国内最大手クラスばかりです。
そんな中、当社のようないわば無名の会社が、基幹的な業務の一部を担う主要ベンダーとして参画しているのは、外部から見たら奇妙に見えるかもしれないですね。
要因としては、これまで積み上げてきた信頼の中で醸成されてきたものが大きいのでしょう。

畑中:当社がプライムベンダーとして、銀行の信頼を頂いている理由は他にもあります。
ひとつは、広義の技術力。
これまで様々な事案を要件の段階から重ねていく中で、銀行業務そのものへの造詣を深めさせていただきました。
結果、他銀との接続はどうしたらいいか、インフラ周りはどうしたらいいか、監督官庁への説明のためにはどういう設計書がいいか、、、など、様々なノウハウを身につけられました。

それから、マネジメントや品質への改善の取り組み。
他にも小さなベンダーであるがゆえに、より顧客に親身になって取り組んでいるということも大きいと思います。
その上で、開発力のパフォーマンスが名だたる大ベンダーと比較しても遜色ないばかりか、むしろ大きく勝っているという自負があります。
実は実際に計測したこともあるのですが、コード行数やユースケース単位でのパフォーマンスは国内最大手の各社より群を抜いて高かった実績があります。

なるほど。その結果としてプライムベンダーとして信頼を獲得されたのですね。
ちなみにプライムベンダーとしての苦労はありますか?

菱野:やはり工数管理ですね。そう聞くと、エンジニアの中には「管理」という言葉自体を嫌う人もいますが(笑)

large_05

畑中:顧客もビジネスで開発を行っていますからね。面白さや楽しさ目的ではなく。
多くの預金や送金など社会の仕組みを運営維持するために、利用者から手数料を頂き、そしてその手数料から開発費を捻出してより便利で安全なサービスを提供していく。
お客様のサービスを、より良いものにしていくためには、エンジニアとしての取り組みと同じくらい、品質やプロジェクトをしっかり管理する必要があります。

最適な形でサービスの向上に貢献できる開発体制にするのは、プライムベンダーとしての務めでもあります。

そうすると必然的に「高い管理能力」を持つエンジニアに入社してきて欲しいですか?

菱野:そうでもありません。まず、ITエンジニアリングそのもの対するモチベーションが無くては、いい開発ができませんから。
その上で「管理」について前向きに取り組み、改善を重ねていけるのであれば「これからそうなっていきたい方」を歓迎したいですね。

畑中:菱野を見ていても、他のプロパーのメンバーを見ていても感じることがあります。
プロジェクトの中で一度ならず「痛い目」を見た経験から、「管理」に対する取り組みを見直し、成長を重ねてきました。

無論、チームとして組織として助言もするし支援もするのですが「プロジェクトマネジメント」はコードを書くという作業以上に経験が響くスキルでもあるので。
そういった経験を貪欲に積んでいきたいという方であれば大歓迎です。

ページ: 1 2 3

Page top