銀行のプライムベンダー であるということ

Top / Story 01

銀行のプライムベンダーであるということ

ミッションクリティカルなシステム開発の典型例である金融機関のインターネットシステム。オープントーンは銀行のプライムベンダーとして、日々その開発に取り組んでいます。
銀行から信頼を勝ち得た要因とオープントーンの強みは?今後の展望は?
金融ソリューション事業部の部長とプロジェクトマネージャーが語ります。

large_05

まず具体的にはどんなプロジェクトに
取り組まれているのですか?

菱野:口座に関わる事務系の開発を主に担当しています。
他にもプロジェクト次第では「公的くじ」に関わるシステムなど、幅広く開発しています。

コールセンターの方や行員が使われるようなシステムでしょうか?

菱野:両方ですね。エンドユーザーである利用者の方が実際にインターネットから利用されてる機能も開発しています。

このインタビューを読まれる応募者の方も、銀行の開発に
関わったことがある方は多いと思います。
やはり銀行の開発といえば、古い固まった技術で開発を
行っているのでしょうか?

large_05

菱野:いえいえ。私も前職でそういった「銀行の開発」というのを見てきました。
それらに比べると、かなり当社の顧客行様の取り組みは先進的だと思います。
技術的にはもちろんですが、開発やビジネス要件のスピードも、皆さんが想像される「銀行の開発」とは大きくかけ離れているかもしれません。

例えばどんなところに違いがあるのですか?

菱野:「銀行の開発」は、厳しく制約された設計・開発手法の中で、レガシーな技術を用いて、決まった作業をしているように、皆さんは想像されると思います。

しかし、当社の顧客行様の取り組みは全く違います。
例えば、新しい事案であればアーキテクチャから選定・提案を任せていただけます。
銀行側からはダイレクトに要件が共有されます。そしてその要件を実現する方法は、銀行側と一緒に取り組み、考えて、提案していくスタイルです。

お客様も常に、無駄なことはせず「要件や品質を満たす最短ルート」を求めてきます。
そういう意味で、多くの銀行の開発現場で「ルールだから」という理由で無駄な資料を作成したり、無意味な技術的制約に縛られたりすることは少ないですね。

そういう環境であれば、そのまま開発者のやりがいにも繋がりますね。

菱野:ええ。なので、銀行のシステムに要件から携われるという社会的意義と、エンジニアとして技術への取り組み両方を実現できる環境かと思います。

large_05

畑中:ITベンチャーといえば、単に面白いことを追求するように見られがちです。
が、特にわれわれ金融ソリューション事業部は、社会に役立つ事と、ITエンジニアとしての技術的な追求すること双方へ取り組むことをに注力しています。

この銀行のプロジェクトを例に見ても、マイナンバー対応など「時事の課題」に銀行と一緒に取り組まないといけません。
世の中の法律とか風潮とかを肌で感じ、ビジネスをITで創造してく取り組みに大きなモチベーションを感じられています。

ページ: 1 2 3

Page top