受託開発から自社サービスを生み出すまで<br>~ICタイムリコーダー~

Top / Story 03

Story プロジェクトストーリー 03

受託開発から自社サービスを生み出すまで ~ICタイムリコーダー~

事業目標の1つに「新たなITサービスの創造」を掲げるオープントーン。しかし、当初は受託開発がほぼ100%の事業構造でした。
そんななか、受託案件のノウハウを生かし「ICタイムリコーダー」を自社開発しリリース。当初は、社長自ら1営業マンとして奔走していた時代もありました。自社サービスをリリースするに至ったきっかけは?そして今後の展望は?

Project Data
プロジェクト概要 ICタイムリコーダー開発(自社サービス)
技術 .Netフレームワークを用いたオブジェクト指向言語(Web)
開発体制 プロジェクト参加数 開発メンバー数3名
規模感 数十人月

ICタイムリコーダー事業部のマネージャー陣と代表が語ります。

  • 佐藤 大輔

    佐藤 大輔

    オープントーン代表取締役
    兼ICタイムリコーダー事業部部長

  • 塚田 隆

    塚田 隆

    ICタイムリコーダー事業部
    営業責任者

  • 野田 昌敬

    野田 昌敬

    ICタイムリコーダー事業部
    開発責任者

ICタイムリコーダーを開発するに至ったきっかけを教えて下さい。

small_17

佐藤:2005年に日本で開催された大きなイベントにおいて、「入退場者の管理をICカードでしたい」という顧客のニーズがありました。その結果、開発したものが今のICタイムリコーダーの原型です。
2005年は、まだまだICカードが今ほどは普及しておらず、先進的なICカードでの管理システムを導入したいという顧客の要望がありました。
当然勤怠管理にICを使う事例も、まだまだ少なかったです。その2005年のイベントでの開発におけるノウハウを生かして、自社サービスとして開発・リリースしたのが「ICタイムリコーダー」です。

当時から勤怠管理システムは供給過多のレッドオーシャン(競争の激しい既存市場)であると思われますが、あえてそこに参入したのは?

佐藤:当社の事業目標の中にある、「新たなITサービスの創造」というのはテクノロジーのみならず「価格」や「利便性」「機能」なども含んでいます。
そもそも、その当時はまだICを利用した勤怠管理自体がほとんど無かったですしね。

また、「価格」や「利便性」で考えた時、従来の勤怠管理システムから一線を画したサービスを提供できるのではないだろうかと考えたのが参入のきっかけです。

その後は順調にユーザー数を伸ばしていったのですか?

small_20

佐藤:いえ、恐らく多くのITベンチャーが直面すると思いますが、モノを作るノウハウと、自社サービスを広めて売るノウハウは「まったくの別物」です。
当初、塚田のような販売・サポート専任担当もいませんでした。
3年ほどはそうした、販売やサポートの取り組みもせずに、紹介や飛込みで地道に、顧客の情報担当部門に「パッケージソフト」として販売をしていました。
結果、年に数本程度売れる程度の売れ行きでした。もともとレッドオーシャンの市場ということもあり、当社も事業の断念を何度も検討しました。

現在のユーザー数、サービスへと変わった転機があったのですか?

塚田:そこで私の出番です!
生み出したサービスは今度は販売し、さらに導入後はサポートをしなければいけません。勤怠管理はIT企業向けのサービスではありませんから、ITリテラシーの低い、店舗や工場なども販売やサポートの対象となります。

中々、受託メインの開発会社はそうした「ユーザーへの自社サービスの提供」が得意ではありません。
ですが、実際にはそうしたサポートもいわば「必須要件」のようなもので、利用する顧客にとってはとても大事なものです。

佐藤:同時に、サービス体系もオンプレミスを中心としたパッケージから月額制のクラウドへと移行しました。
価格も100万円以上するオンプレミスのパッケージから150円の月額クラウドへと大きく方向を変えました。

そのことにより当社の目標の一つである”新しい技術や、創造性に満ちたサービス、大きく低減したコストなど、 ITによるイノベーションを起こす。まだITによる恩恵のない企業・組織・分野にも新たな価値を提供していく”
という点に、特に価格と利便性という観点で取り組める製品となりました。

ページ: 1 2 3

Page top