Top / Member / メンバーインタビュー05

Memberメンバーインタビュー 05

発展途上だからこそ、自分の「意思」や「思い」をダイレクトに反映できます

PROFILE

野田 昌敬
ICタイムリコーダー事業部
入社:2014年

入社前の経歴を教えて下さい。
大学卒業してからずっとIT業界で仕事をしています。

オープントーン入社前は、自社製品である就業・給与・人事ASPシステムの企画開発を15年行っておりました。

設計、コーディング、評価、導入テストに至るまで全てのフェーズを経験させてもらい、立場としてもプログラマーからプロジェクトマネージャーへとステップアップし、プロジェクト全体の統括を任せられておりました。

オープントーンを選んだ理由を
教えて下さい。
一番の理由は、「勤怠システムの開発をしたかったから」です。
その分野においては、15年にも及ぶ経験を武器に、即戦力として活躍できる自信がありましたから。

活動を始めてから、オープントーンが販売している「ICタイムリコーダー」の存在を知り、その開発職として応募しました。

応募したところ、すぐに社長から直接連絡をもらい面接に行き、マネージャーのポジションで受け入れて頂けるというお返事をもらいました。

そんなポジションを用意してくれたのは素直に嬉しかったですし、単にタイミングも良かったのかもしれない。
何となく「ご縁」を感じました。

あとは、会社の雰囲気や社風も大きな魅力でした。
大きな会社で勤務するスケールメリットってもちろんあるとは思いますが、大企業では、1開発者としての自由と裁量ってすごく小さいです。
ルールにがんじがらめになって、決まったことを決まった通りに進めないといけません。

オープントーンは決して大きな会社ではありませんが、社員一人一人の裁量はとても大きく自由度も高そうだと感じてました。

「この会社で、大きな裁量をもって大きな責任を果たしていきたい!」と思い、入社を決意しました

member_4_2

現在のお仕事内容を教えて下さい。
「ICタイムリコーダー」の開発マネージャーとして、商品の企画開発からリリースまで全て対応しています。
実装もしますし、サーバーの選定・立ち上げもしますし、もちろん設計もしています。
夜間のリリース作業も保守も全て自分で担当しています。

開発に関わる全ての工程をワンストップで対応している状況ですね。

時にはお客様のトラブルシューティングや操作方法の説明もさせて頂くなど、ヘルプデスクになることもあります。

あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、という状況ではありますが、そんな状況に遣り甲斐を感じながら、日々楽しく仕事をしています。

開発をしながらも、エンドユーザーと直接やり取りさせてもらえる機会があるので、大変刺激を受けられます。
ユーザーニーズがダイレクトに聞けますし、自分のモチベーションも上がりっ放しです(笑)

今後の目標を教えて下さい。
当然ではありますが、製品のクオリティ向上させ、市場を拡大させていくのが当面の目標です。

ゆくゆく個人的には「年収3,000万」を目指してます!
というのも、「ICタイムリコーダー」をそれだけ利益を出すサービスにしていきたいです。

まだまだ目標というより夢に近いかもしれませんが、「ICタイムリコーダー」を勤怠管理だけじゃなく、複数の業務に対応できるようなERPパッケージに進化させて、海外展開も出来ればと思っております。

ライバルはSAPです!

member_4_1

応募者へのメッセージをお願いします。
オープントーンはまだまだ発展途上の会社です。

発展途上だからこそ、自分の「意思」や「思い」をダイレクトに反映することができます。
それは日々の業務だったり、会社の運営に関わるようなことまで、全てにおいてです。

その分責任も重大ですが、主体的に仕事に取り組みたい方にはぴったりの会社だと思います。

そんな環境だからこそ、「大きな夢を現実にしたい!」という前向きな思いを持って入社して頂きたいです。
自分もそんな思いを持って、入社しました。

是非、一緒に仕事を楽しみながら、大きな夢を叶えましょう!

野田 昌敬 ICタイムリコーダー事業部 入社:20140101

Page top