■[2015/07/03] 社内勉強会の様子です!

最近ITエンジニア向けの転職サイトのCMで「エンジニアなら何でも直して!」的なメッセージで「魔法使い」扱いされて「転職だー」ってなるCMをよく見ます(笑)


私はシステム開発者になる前には、ユーザーサイドの情報システム担当者だったのですが、そうした環境の中なんとなくVBAくらいは使うことができました。

そうすると、ほかの人からは「魔法使い」のように見られていたのを覚えています。
なんだかわからないけど、エクセルでもWindowsトラブルでも佐藤さんに言えば意味の分からない画面を開いて、意味の分からない呪文をキーボードから打ち込むとなんだか願いがかなう。。。

まさしく「魔法使い」ですよね。
何か困れば佐藤さんに言えば?
佐藤さんにやってもらえば?
的になり、自分が人の役に立っている実感を得たものです。

なので、私はエンジニアが「魔法使い」扱いされるのをおかしいと思わないです(笑)
むしろ、株式会社オープントーンは世の中のたくさんの会社・人にとって「素敵な魔法使い」でいたいと思います。

注:といってもFAXは直せません(笑)


で、そんな「魔法使い」を育てる研修は毎月のように行われています。
ほとんどが社員からの自発的な取り組みが行われています。
最近のネタは「マテリアルデザイン」と「Extensible Web」「ログモニタリング」でした。
ネタ的にはデザイン系、スマホ系、googleテクノロジー系、運用?系と非常に多様ですが、それも当社がいろんな会社・人の魔法使いとして活動している証かなと思いました。
さらに多くの「魔法使い」のみなさんをお待ちしています(笑)

エクステンシブル
マテリアルデザイン
勉強会風景
2015/07/03 - 13:44:38 - sato - コメントはありません。 - Trackbacks(0)